設計について(家作り)

相談できる
家の性能の事、構造の事、インテリア、資金の事など、
どんな事でも相談できます。
住まい方や家族構成、将来のことなどを総合して
目的に応じた仕様や、設備などを提案します。
建築のプロとしていろいろな要望や相談に応えることができます。
設計に自由がきく
建て売りやメーカーの住宅とは違い、
完全に自由設計です。どんな工法にするか
どこに柱を立てるか、内装をどうするか、誰に工事を依頼するか、
全てが自由です。制限が全く無ありません。
全部自分の意志で決めることができます、
自由だから思ったように好きな家が建てられます。そんな建築の
すべてをお手伝いします。自分で決断した事は納得がいくはずです。
施工と施工監理が別
設計施工の建設会社や工務店、ハウスメーカーの工事は
施工と施工監理する人(会社)が同じです、もしくは監理者がいません。
これでは品質管理がよく出きるとは思えません。
悪意を持って工事する職人はいないと思いますが、
見落としや勘違いとういのは良くある事なので、作る人と検査する人の
利害が一致しているとどうしても検査が甘くなりやすいと思います。
施工監理は施主の代理としての自覚をもってきびしく行いますので
品質管理はしっかりとできます。

想像を形にするの事が設計です、理想は高く

建築する人(建築主)

 どんな生活がしたいのか、想像を豊かにして理想を描いて見てください。

家族一人一人がそれぞれに好きな事、好きなものをはっきりさせて

思い浮かんだ事柄に優先順位をつけてまとめてみます。

そうするとぼんやりですが、建築が見えてきます。

体感

 住宅だけではなく、美術館、ホテル、レストラン等‥の中に身をおいて

その建築の雰囲気や空気を感じる事、あの時あの椅子に座った感覚が

よかったとか、いろんな建築空間を体験することがとても大切だと思います。

見学

 住宅展示場・メーカーのショルームなどの見学は、具体的な建築資材・備品

を知る事ができます。少しでも多くを知る事は選択枝を広げられます。

設計の前の設計

 ぼんやりとした理想を私(設計者)にぶつけてください。

イロイロな角度から考えて、たたき台としてのプランを作成します。

たたき台のプランを基に、納得の行くまで何度でもプランを練ります。

この段階がもっとも重要な作業です。

実施設計

 理想とする空間を作るために具体的な図面を作成します。

建物を支える為に重要なのが地盤です。

必要に応じて地質調査を行い地盤の強度を測定します。

(直接基礎・地盤改良・杭基礎 等の決定)

地震や台風に耐える為の構造。

構造の種類により構造計算をして柱・梁などの部材を算定します。

(木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造・混構造 等)

空間を構成するデテイ-ルの検討。

結露防止や断熱など建物の性能関する検討。

キッチンや浴室、各部屋を構成する材料や製品の選択。‥‥‥等